今日は「憲法記念日」お墓にも法律があります 岐阜のお墓掃除屋「磨き専隊」です

問い合わせ・お見積

岐阜県岐阜市加納村松町1-15

今日は「憲法記念日」お墓にも法律があります 岐阜のお墓掃除屋「磨き専隊」です

今日は「憲法記念日」お墓にも法律があります 岐阜のお墓掃除屋「磨き専隊」です

2024/05/03

ブログ更新  1383日

 

 

今日は 「憲法記念日」です

 

 

昭和22年の今日 

日本国憲法が施工されました

 

 

で 今日は 法律のお話です

毎日の幸せは

 

ご先祖さまのおかげ

 

お墓掃除は こころを磨きます

 

岐阜のお墓クリーニング専門部隊

 

こころを磨く 「磨き専隊」です

それじゃ 2024年5月3日(金)号

行ってみよう

 

 

 

日本国憲法は 

ダグラス マッカーサーの

指令で草案が作られ

 

 

 

昭和21年11月3日に公布された 

 

 

 

それから半年の準備期間を

経て昭和22年5月3日に

施工されました

 

 

 

ちなみに 11月3日は

「文化の日」に制定されました

 

 

 

理由は 日本国憲法が

平和と文化を重視している

からです 

 

 

 

でね お墓にも法律があります

 

 

 

墓埋法(ぼまいほう)です

 

 

 

簡単に説明しよう

 

 

 

墓埋法とは 墓地埋葬法の

略である

 

 

 

埋葬 火葬に関する

いろんな事が定められていて 

これを基準に埋葬が行われる

 

 

 

第2条では 

名称の定義がされている

 

 

 

第3条で 24時間ルール

火葬は 24時間経過してから

でないと行えない

 

 

 

第4条 埋葬は墓地に限る

 

 

 

第8条 許可証について

 

火葬許可証

埋葬許可証

改装許可証

 

 

 

これらの許可は市町村長が行う

 

 

 

でね 散骨に関する規定は

ありません

 

 

 

墓埋法が制定された当時には 

散骨という考えが

なかったからです 

 

 

 

散骨は 墓地以外への

遺骨埋蔵禁止に当たらないか 

どうかですが

 

 

 

今のところ ダメでは 

ないだろうという

あいまいな解釈です

 

 

 

田舎のほうでは 自分ちに

お墓を建ててるのをよく見ます

 

 

 

墓埋法の制定前に

建てられたお墓で現在では 

認められてません

 

 

 

霊園の経営者は お墓が

無縁墓地になると 

撤去することが出来る

 

 

 

お墓を買う とは 

お墓を建てた土地を

買う事ではありません

 

 

 

使用権を買ったことで 

お墓が無縁墓地になると

 

 

 

霊園の経営者は 一定の手続きを

踏むことで使用権を略奪して

 

 

 

お墓を撤去することが出来ます

 

 

 

墓埋法を覚えておく必要は

ありません

 

 

 

でも この法律を基準にして 

火葬 埋葬が行われることは 

忘れないで下さいね

 

 

 

最後までお読みいただき

ありがとうございました

 

 

 

では また明日

 

 

 

ご先祖様の 「ありがとう」が

届きますように

お墓クリーニングについて

 お問い合わせは こちら

   ⇩  ⇩

 友だち追加  

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。