現代科学では 説明できない話 岐阜のお墓掃除屋「磨き専隊」です

問い合わせ・お見積

岐阜県岐阜市加納村松町1-15

現代科学では 説明できない話 岐阜のお墓掃除屋「磨き専隊」です

現代科学では 説明できない話 岐阜のお墓掃除屋「磨き専隊」です

2024/06/12

ブログ更新  1423日

 

 

今日は いつもの霊園の

事務所で営業の方から

 

 

現代科学では 説明できない話を

聞かされました

 

 

この手の内容は 書かないように

してきましたが これが最後です

毎日の幸せは

 

ご先祖さまのおかげ

 

お墓掃除は こころを磨きます

 

岐阜のお墓クリーニング専門部隊

 

こころを磨く 「磨き専隊」です

それじゃ 2024年6月12日(水)

行ってみよう

 

 

 

葬祭業界では こういう話は

よくあるんです

 

 

 

いわゆる 現代科学では 

説明できない事

 

 

 

で 今日は いつもの霊園で 

コーティングの手直しを

しました 

 

 

 

施主様から指摘があった

わけではありません

 

 

 

私が気になって手直し

させてもらいました

 

 

 

作業が終了して 事務所で

営業の方と話をしていました 

 

 

 

私が屋根付きの香炉が

欲しいんだと伝えたら 

こんな話になりました

 

 

 

お墓の部品は あんまり

触りたくは ないんだ

 

 

 

実は こんなことが今までに

あったからなんだと 

うち開けてくれました

 

 

 

霊園で 

納骨式がありました

 

 

 

一族の方が集まり 

さあ始めようとしたとき

 

 

 

営業の方は 駐車してある車の

列を見守っていたんです

 

 

 

すると 突然 一台の車から 

盗難防止ブザーが鳴りだしました 

 

 

 

ブザーを止め 始めようとすると 

またまたブザーが

鳴りだしました

 

 

 

またブザーを止め 始めようとすると 

またブザーが鳴りだしました

 

 

 

3回も 同じことが続き 

さすがに 一族の方から 

言葉が出ました

 

 

 

もしかして 故人は 

まだお墓に入りたくなくて 

ブザーを鳴らしてるんだと

 

 

 

そうは 言っても 

今日 みんな集まってるし

 

 

 

納骨せん訳には 行かんやろ 

と納骨をしました

 

 

 

でね 営業の方は 車の中に 

乗っている人の横顔を

はっきり見たんだって

 

 

 

でも その人は 

突然消えてしまったので

 

 

 

そういう スピリチュアルな

世界を意識するようになった

 

 

 

他にも 不思議な

体験をされていて

 

 

 

お寺に営業のため 伺った

 

 

 

廃寺だったのに お墓は

そのまま残されていた

 

 

 

その時 白い服を着た女性が

墓地を歩いていくのが見えた

 

 

 

それで 話を聞きたいと思い 

墓地を探したけど女性の姿は

消えていた

 

 

 

昼間だけどはっきり見た

 

 

 

でね そんな体験をしたので 

お墓の部品を 触るのが

怖くなったんだって

 

 

 

私は そういう 話を聞くことは 

よくあるんですが 体験が

 

 

 

乏しいので お墓を触る

ことに抵抗は ありません

 

 

 

でも そんな世界があるのだったら 

もっと丁寧に扱わなくてはと 

思い直しましたね

 

 

 

最後までお読みいただき

ありがとうございました

 

 

 

では また明日

 

 

 

ご先祖様の 「ありがとう」が

届きますように

お墓クリーニングについて

 お問い合わせは こちら

   ⇩  ⇩

 友だち追加  

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。